成功報酬と実費

Permalink

弁護士の費用として大きくなるのが報酬でしょう。成功報酬になっていることが多くなりますが、終了時点で支払うことになる費用です。一定額ではなく、賠償金が決まった時点で変動することが多いのは、割合で契約することが多いことがポイントになってきます。基本として、弁護士の口座に振り込まれることになりため、成功報酬を差し引き支払われるようにすることが一般的です。これにより、自分の口座などの情報が知られることもありません。

出張費になっていることもありますが、日当になっていることもあるのは、事務所を離れて対応した時に支払われる費用です。この費用が発生しないことも出てくるのは、事務所を離れなかったり、所定の時間に満たなかったりすることがあるからです。基本としては、賠償金の中から清算されます。

交通もっともはっきりしている費用が実費です。交通費や切手代といったものがありますが、裁判費用に伴う印紙代といったものも実費として計算され請求されます。振込手数料も実費扱いとなってくる点に注意が必要です。

弁護士に依頼すると、このような弁護士費用が発生してきます。交通事故の場合には、最終的に生産することが多いため、途中で支払うことはまずありませんので、相談を始めるときに確認をしておくといいでしょう。