大事な着手金

Permalink

人身事故にあってしまったときに、まずは弁護士に相談するところからスタートすることが多くなります。この時に発生するのが相談料です。最近では無料で相談できることが多くなりましたが、すべて無料であるというわけではありません。基本としては30分単位で料金が決められており、旧報酬規定にもあった5400円が一般的であるといえるでしょう。

事故弁護士が人身事故の案件に着手するときに発生するのが着手金です。この着手金の支払いからスタートするのが一般的で、内容に問題があり解任したとしても戻ってくることはありません。一定の金額に定められているのではなく、慰謝料をどれぐらい請求するのかによって変動するものです。ただし、すべての情報がそろっているわけではないため、概算を作って着手金を定めることが一般的といえるでしょう。旧報酬規定から計算した場合、着手金は300万円以下なら経済的利益に対して8%程度です。3000万円以下で5%程度、3億円までであれば3%程度に収まるといえます。

交通事故の場合には、被害者が受けているダメージのことも考え、事前に支払わなくてもいいことも増えました。最終的に清算した時に支払うことも多くなっているため、あまり心配せずに済むといえるでしょう。